結婚式場の見学に行くベストな時期と平均見学件数

結婚式の人形

結婚式場を探しているカップルのほどんどは式場を決定する前にまず、結婚式場の会場見学やブライダルフェアに参加すると思います。特にブライダルフェアは模擬挙式や模擬披露宴、試食会など体験型イベントなので参加するカップルが多いです。結婚が決まってからいつ結婚式場の見学に行くのがいいのか、何件会場を見学しに行けばいいのか平均的な数字が知りたい人も多いのではないでしょうか?そこで今回は結婚式場の会場見学やブライダルフェアに行くベストな時期と平均見学件数を紹介します。

結婚式場の見学に行く時期

悩むカップル
結婚式場の見学に行くなら、挙式日の6ヶ月前まで行くのがベストです。平均的にも6ヶ月あたりで気になる結婚式場のブライダルフェアに参加したり会場見学に行ったりするカップルが多く、6ヶ月よりも遅くなると結婚式の準備や新生活の準備などでスケジュールがタイトになり大変な思いをする可能性が高くなります。大人気の結婚式場であれば、1年〜半年先まで予約で一杯になっている可能性があるため早めに会場見学をする必要はありますが、一般的には6ヶ月前までに行き始めると余裕を持ってスケジュールを立てることができるのでおすすめです。

会場見学・ブライダルフェアの繁忙期

ちなみにブライダルフェアの繁忙期はお盆明けの8月下旬、年末年始後の1月〜2月です。お盆や年末年始に二人で実家に帰って結婚報告を両親にするカップルが多く、一般的に長期休暇後の土日などはブライダルフェアや会場見学を予約する人が多いようです。そのため、逆にゴールデンウィークやお盆、年末年始の時期は旅行や帰省をするカップルが多く比較的ブライダルフェアの枠が空いていることが多いです。

どの時期に会場を見学しに行くかは二人で相談して決めましょう。挙式予定の時期に合わせてブライダルフェアに参加したいのなら1年前から見学に行くべきですし、空いている時期に行くならゴールデンウィークなどを活用して行くようにしましょう。

結婚式場の平均見学件数

花束
結婚式場の見学に行く平均的な見学件数は、ゼクシィの結婚トレンド調査によると2.9会場という結果が出ています。つまり、平均2〜3会場見学に行っているということになります。“前からここの結婚式場で挙式を挙げる”と決めている場合は何ヶ所も結婚式場を見学する必要はありませんが、まだ結婚式場を決めていない場合は1会場だけではなく、2,3会場見て決断するようにするといいでしょう。見学件数に上限はありませんので理想の結婚式場と出会うまで何件でも見学しに行くこともできます。また1つの結婚式場でいくつものブライダルフェアが開催されているため、1つの結婚式場で2回ブライダルフェアを予約することもできます。

結婚式場見学やブライダルフェアを効率よく回るポイントは、日取りや予算、ゲストの招待人数、挙式スタイル、重視する点など希望する内容をしっかり二人で話し合っておくことです。何となく予約して何となく見学すると時間がかかってしまい、後々困ることになります。事前に話し合ってある程度の内容を決めておくようにしましょう。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は結婚式場の見学に行くベストな時期と平均見学件数を紹介しました。時期や見学件数はそれぞれカップルによって異なりますが、6ヶ月前までに会場見学に行って2〜3ヶ所回るのが一般的となっています。ブライダルフェアは模擬挙式や模擬披露宴の体験、無料試食会、プロのプランナーによる相談会など様々なのでしっかり見極めて、理想の結婚式場を見つけてくださいね。