会費制結婚式の会費相場とよくある口コミQ&A

夕焼けとハートのリング

会費制結婚式は日本で挙げる結婚式の中でもトップクラスのカジュアルウエディングにあたります。しかし、価値観の多様化に伴いウエディングパーティー形式の会費制結婚式を選択するカップルが増えています。会費制結婚式はカジュアルにアットホームな雰囲気で結婚式が開催できる反面、多くのメリットデメリットが存在します。そこで今回は、会費制結婚式の会費相場とよくある口コミQ&Aを紹介します。

会費制結婚式の会費相場

会費制結婚式の会費相場は、ウエディングパーティーを挙げる式場とパーティー内容で大きく異なってきます。特に披露宴料理にあたる食事の部分がもっとも大きなウェイトを占めます。料理内容で大きく会費が変動すると言っても過言ではありません。会費制結婚式は従来の結婚式のようにゲストからご祝儀を貰わずに会費だけ支払ってもらう形式になっています。会費制結婚式の会費相場は8千円から2万円となっており、もっとも多い会費が1万円となっています。一般的な結婚式のご祝儀は3万円となっているので、3分の1の出費で結婚のお祝いに駆けつけることができます。通常の結婚式だと招待するのに躊躇する間柄の友人や知人も気兼ねなく招待できるメリットが大きいと言えます。

会費制結婚式のメリット

会費制結婚式は金銭的負担が少ない

会費制結婚式は金銭的負担がとても少なくなります。新郎新婦側に持ち出し費用が少ない、参加するゲスト側はウエディングパーティーの会費だけで参加できるので、両者が互いに金銭的負担が少なく済みます。会費制結婚式を選択してカジュアルウエディングを挙げるメリットの中でもここが大きいと思います。また、引き出物やテーブル装花などの費用が不要になる点もメリットです。結婚式に参加したゲストは帰りに引き出物が荷物になって困ると感じる人もとても多くいます。

結婚準備の負担が少ない

会費制結婚式の使い方でも変わってきますが、会費制結婚式を1.5次会と位置づけて行う方法を除いて紹介します。会費制結婚式だけを開催するカップルにとって会費制結婚式を選択することで圧倒的に結婚準備の負担が少なくなります。ゲスト視点ではありませんが、これも会費制結婚式を選択するひとつのポイントと言えます。

友人に頼ることができる

会費制結婚式は友人に会場のデコレーションやDIY、演出などを頼ることができます。むしろ、アットホームなカジュアルウエディングにあたるので友人も巻き込んで結婚式を企画してみてはいかがでしょうか。友人もあなたも一生忘れることができない思い出の結婚式になること間違いなしです!

記事始めの目次に戻る

会費制結婚式のデメリット

カジュアルすぎると感じる

カジュアルすぎると感じる人もいます。特に親族や年齢・キャリアを重ねている人ほど従来の結婚式に慣れています。ゆえに会費制結婚式がカジュアルすぎると感じる人も少なくありません。親族と家族は挙式と食事会のシンプルな結婚式を実施して、同じ式場で友人などを招待して会費制結婚式を挙げる選択肢も存在します。

会費制結婚式に慣れていない人は、会費の他に新郎新婦へプレゼントを渡した方が良いのか? と感じる人もいます。招待状で事前に会費だけ受け取ります、といった内容の連絡をしておくとゲストも安心して余計な気を使わせずに済みますよ!

会場次第で不満に感じるゲストも

会費制結婚式は式場やプランナーとの打ち合わせ次第ですが、ゲストへのサポートがゼロになってしまうケースもあります。従来の結婚式なら着席スタイルで給仕スタッフがいますが、立食スタイルの会費制結婚式だと給仕スタッフがいないケースもあります。また、ガーデンスタイルの式場で会費制結婚式を開催すると、必然的に屋外になるので雨天時の対応などでゲストがもてなされていないという感覚を持ってしまうこともあります。カジュアルでラフな1.5次会に近い結婚式スタイルだからこそ、新郎新婦にもゲストへのおもてなしの心が重要となってきます。
会費制結婚式を検討しているならマイナビウエディング経由のブライダルフェアでプランナーに相談してみましょう。ブライダルフェアに参加すれば、1.5次会用途で会費制結婚式を検討している方も会費制結婚式のみを検討している方もしっかり相談できます。まずは、マイナビウエディングで気になる結婚式場見学を!

まずはブライダルフェアを無料予約

会費制結婚式でよくある口コミQ&A

虫眼鏡QA

会費制結婚式のパーティースタイルは?

会費制結婚式はパーティスタイルの立食ビュッフェスタイルが人気で立食ビュッフェスタイルを選択するカップルが多くなっています。立食にすることで多くの人との会話も生まれる上に1万円の会費で食べ放題で、結婚のお祝いもできることから値ごろ感とリーズナブルさを両立できる形式となっています。

会費は男女で変えた方がいい?

2次会や合コンなどは男性が多く支払うケースが圧倒的に多いですが、会費制結婚式は男女ともに統一価格に設定するケースが圧倒的に多いです。たしかに男性の方が飲み食いをするので料金を高く設定するべきと考える人も多いですが、会費制結婚式はあくまでカジュアルな結婚式という位置づけです。そのため、男女で会費を分けると疑問を感じるゲストが多いのも事実です。結婚式はお祝いの席なので男性と価格差をつけなくても問題ありません。

会費制結婚式の方が高くなるケースはある?

会費制結婚式は、新郎新婦が料理内容と会費を決めます。ゆえにドタキャンゲストがたくさんいたり、料理内容を高級感溢れるハイグレードな内容にすると当日キャンセルのゲストが数人出てしまうだけで出費が増えてしまうケースがあります。会費制結婚式に参加してもらうのでゲストが得するような料金設定にするカップルも多くいますが、出費がかさみすぎないちょうど良いバランスに設定すると良いでしょう!

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。会費制結婚式の会費相場とよくある口コミQ&Aを紹介しました。どのような結婚式を挙げても良い面悪い面が存在します。メリットデメリットは表裏一体なので自分たちと家族・親族、大切な友人全員が満足して楽しんでもらえる結婚式を挙げましょう。そのための方法として会費制結婚式は選択肢の一つとしておすすめできます。まずはマイナビウエディングで会費制結婚式を探してブライダルフェアに参加してみてはいかがでしょうか!

まずはブライダルフェアを無料予約