安い結婚式を挙げる方法!格安結婚式でよくある口コミQ&A

結婚式のウェルカムボード

安い結婚式を挙げる方法はいくつもあります。結婚式を安くしたいなら費用がかかっている部分やコストダウンできる部分を理解することが重要です。そこで今回は、誰もが心の底で考える節約にフォーカスして安い結婚式を挙げる方法を紹介します。格安結婚式でよくある口コミQ&Aも合わせて紹介します! もし、結婚式は人生で一回しかない一大イベントだからケチケチせずに盛大な結婚式を挙げたいと考えるならこの記事はチェックする必要がありません。ローラのTVCMで有名なハナユメでお気に入りの結婚式場を予約してブライダルフェアに参加してください!

安い結婚式を挙げる方法

安い結婚式を挙げるには、費用がもっともかかっている部分を理解することです。まず最初に従来の結婚式場で結婚式を安く挙げる方法を紹介していきます。結婚式費用で大きなウェイトを占めるのが披露宴と挙式です。

スマ婚やクレイジーウエディングなどの結婚式プロデュース会社や格安結婚式がコンセプトのサービスは後述します。

披露宴のプランや人数で変動する

結婚式費用で大きなウェイトを占めるのが披露宴です。披露宴は豪華な披露宴料理(婚礼料理)、お色直しでカラードレス・タキシードの手配、凝った演出で会場スタッフの増員、当日の挙式と披露宴の様子を撮影したDVD動画の制作、プロカメラマンの手配、プロ司会者の手配、特注ウエディングケーキの手配、キャンドルサービスなどでも大きく料金が変わってきます。この中でもっとも大きなポイントが披露宴料理となります。例えば、1人2万円の披露宴料理を用意した場合は、10人増えただけで20万円の費用が上乗せされます。このように披露宴は大きく費用がかかる部分なので、家族・親族だけの挙式のみ婚を選択するカップルも年々増加傾向にあります。

挙式費用

挙式費用も結婚式費用のウェイトを占めます。主に男性のタキシード、ウエディングドレス、挙式会場の費用、挙式を行う時の神父の手配、親族・ゲストの控室費用、両親のタキシードとスーツドレスの手配費用、メイク費用などが該当します。ウエディングドレスや控室の手配などは披露宴と共通している費用なので、挙式単体で見ると挙式会場と神父の手配が該当します。結婚式場によっては披露宴と二次会を同じ式場で行う契約をすると挙式場の費用は完全無料にしてくれる成約特典を用意している式場も多いです。ゆえに安い結婚式を挙げるには、披露宴の演出や料理内容にフォーカスすることが重要と言えます。

格安結婚式プランを提供している式場は増加傾向にあります。また、家族婚がコンセプトで10万円を切る値段で結婚式を挙げることができる家族挙式、少人数の挙式のみの結婚式がコンセプトの小さな結婚式なども存在しています。2人でどのような結婚式を挙げたいのかで大きく費用が変わってきます。やりようによっては10万円以下で安い結婚式を挙げる方法が存在します。一般的な格安結婚式の定義は、披露宴をなくして費用を押さえるタイプの挙式のみの結婚式と言えます。

ローラのTVCMで有名なハナユメでは、格安結婚式を挙げることができるように半年以内の結婚式を検討しているカップルにお得なハナユメ割などを提供しています。格安プランなどを提供している結婚式場を選択してブライダルフェア予約してみてください。

まずはブライダルフェアを無料予約

結婚式の相場と目安金額と自己負担額を理解する

結婚式の相場と最初に持ち出す目安金額と祝儀をもらった後の自己負担額を理解しましょう。これを理解せずに安い結婚式を挙げる方法を検討しても意味がありません。ここで紹介する結婚式の相場は東京エリアで結婚式を挙げた時の内容となります。当然、ゲストの宿泊代や交通費を出すケースもあるのであくまで参考としてチェックしてください。ゼクシィが毎年公開している、みんなの結婚式の平均相場の数字ではありません。あくまで参考の目安金額として結婚式の相場を理解するための情報です。

結婚式の持ち出し目安金額

結婚式の持ち出し目安金額は、ゲスト1人につき5万円です。70人参加したら約350万円が持ち出し金額となります。ハナユメでは祝儀以内婚などのサービスも提供しています。また、ゼロ婚というサービスも存在しているように最初に新郎新婦側での持ち出し費用が発生せず、結婚式終了後に祝儀を受け取ったタイミングで結婚式費用を会場に支払う方法です。人数が増えれば増えるほど初期の持ち出し費用が増えるので、持ち出し費用で両親の援助を受けることができない時はご注意ください。

結婚式の自己負担額

結婚式の自己負担額は70人のゲストがいたら80万円から140万円の間になります。当然、ゲスト1人あたりの費用を6万円にしたら一気に自己負担額が70万円程度増えることになります。自己負担額が決定するご祝儀は1人あたり3万円で計算して両親や上司のご祝儀金額で変わってきます。10万円ご祝儀を出してくれるゲストがいるなら、それに比例して自己負担額は下がっていきます。逆に後輩や友人が多い場合は、1人あたり3万円のご祝儀で計算しておくと自己負担額を簡単に把握できるようになります。

安い結婚式を挙げる方法を考える前にまず、結婚式費用の相場と目安金額、自己負担額を理解しましょう!

記事始めの目次に戻る

結婚式を安く行う方法3選

結婚式を安く挙げるには、従来の結婚式のように挙式と披露宴をフルパッケージで行うが、DIYウエディング中心で可能な限り自分で作ったり友人に手伝ってもらう方法、または挙式のみ婚やレストランウエディングなどのラフな会費制スタイルで自分たちだけのオリジナル結婚式を挙げる方法が考えられます。格安結婚式を行うには不要な演出などを削除する必要があります。

ゲストを厳選して少人数OKな式場を選ぶ

招待するゲストを厳選して少人数でもOKな結婚式場にすると結婚式を安くすることができます。レストランウエディングだと料理の料金プラスαの料金を支払えば柔軟に対応してくれる式場が多いです。また、東京では小規模なチャペルがついているレストランウエディング会場も多く存在します。

スマ婚、今婚、ゼロ婚などを利用する

結婚式費用の持ち出しがなく祝儀での後払いOKなスマ婚、今婚、ゼロ婚などで提供している格安プランの結婚式を挙げるのもひとつの手段です。ただし、注意点があります。これらの格安結婚式サービスは結婚式を格安にプロデュースしてパッケージ化している特徴があります。ゆえに通常の結婚式で自分たちで申し込んで同じ価格帯で結婚式を安く行うことも可能です。結婚式費用の持ち出しがない点が大きなメリットと言えます。

ブライダルフェアに参加した後に提出される初期見積もりの精度を高めることが重要です。一般的な結婚式場だと初期見積もりから50万円から100万円程度の費用が追加されると言われています。これは不当な費用を請求されているワケではなく、初期見積もりに必要な費用が含まれていないため起きてしまいます。ブライダルフェアに参加する時は、最低限参加人数と披露宴の演出やお色直しの回数と料理のクオリティを決めておきましょう!

レストランウエディングを利用する

レストランウエディングを利用しましょう。東京だったらチャペル付きのレストランウエディングも多く存在します。70名以下での開催しかできない式場が多いですが、ゲストが式場の収容人数に収まるなら結婚式費用を安くすることができる上にアットホームでゲストと距離が近い結婚式が実現できます。個人的に筆者はレストランウエディングでの結婚式を検討することが格安結婚式の第一歩だと思います!
ローラのTVCMで有名なハナユメなら格安結婚式を実現できるレストランウエディング可能な会場がたくさん紹介されています。気になる会場のブライダルフェアを予約しましょう。期間限定キャンペーンで参加するだけでお得な商品券もGETできる上にお得な無料試食会にデート感覚で参加しましょう♪

まずはブライダルフェアを無料予約

格安結婚式のメリット

格安結婚式のメリットを挙げていきます。

アットホームな結婚式を挙げられる

格安結婚式をするなら外せないのがレストランウエディングです。少人数での開催も可能でレストランを貸切るスタイルなので料理費用プラスαで安く結婚式を挙げることができます。ホテルウエディングと異なり、出来たて熱々の料理を楽しめる点、会場が広くないので新郎新婦と近い距離で温もりあふれる結婚式を実現することができます。

新居の家具購入やハネムーンの費用に回せる

結婚式費用を押さえることで新居の引越し費用や家具購入費、ハネムーン旅行の資金に回すことができます。また、結婚後は妊娠・出産・育児なども控えています。共働きだったら奥さんの収入も期待できなくなってしまう時期が発生します。その時のためにも結婚式費用を安く挙げるのは大切だと思います。

結婚式準備にかかる時間が少ない

挙式も披露宴も二次会もフルパッケージで盛大に行う結婚式と比較すると格安結婚式は、全体的に演出などを少なくしたり披露宴を行わずに挙式のみの結婚式を選択することになります。ゆえに結婚式準備にかかる時間も必然的に少なくなります。考慮すべきポイントが格段に少なくなるので、格安結婚式を選択すると結婚式準備が楽になります。

記事始めの目次に戻る

格安結婚式のデメリット

格安結婚式にもデメリットがあります。

招待できる人数が限定される

安い結婚式を挙げるには必然的に少人数専用式場を選ばなければいけなくなります。招待できる人数が限定されてしまうのがデメリットと言えます。

挙式のみ婚を選択すると友人を招待できない

挙式のみ婚の会場は20名以下の少人数に対応している会場が多いので、仲の良い友人を招待できないことがあります。そのような場合はチャペル付きのレストランウエディングがおすすめです。シンプルな結婚式を安く挙げることができます。

両親から反対される

地域や家柄によっては世間体や親族へのメンツもあるので格安結婚式を両親から反対されるケースがあります。無駄な費用や演出を削除して披露宴料理をもっとも安い価格帯から選ぶようなことをするぐらいなら、結婚式費用を援助すると考える親御さんも多いです。両家の挨拶のタイミングで2人がイメージする結婚式を先に共有するのもおすすめの方法です!

ハナユメで格安結婚式を挙げられる式場を探して予約しましょう! 費用が高いと感じる式場でもプランナーとの交渉次第で結婚式費用を押さえることができます。まずはローラのTVCMで有名なハナユメでブライダルフェアを予約!

まずはブライダルフェアを無料予約

格安結婚式でよくある口コミQ&A

激安プランを販売している結婚式場はある?

先述した小さな結婚式や挙式と家族だけの食事会などを提供している結婚式場を除くと、激安プランを販売している結婚式場はほとんどありません。結婚式は両家の家族や親族も関係してくるので世間体的に激安プランの結婚式を望まないケースが圧倒的に多いからです。激安プランの結婚式を挙げるぐらいなら結婚式費用を援助すると考える親御さんが多いです。二人が挙げたい理想の結婚式を挙げるのが大切ですが、家族や親族も関係してくるのが結婚式です。家柄や世間体なども関係してくるのでふたりもゲストも家族・親族もみんなハッピーになる方法がおすすめです。

会費制のパーティー婚で格安結婚式はどう?

挙式を挙げずになじみのレストランで会費制のパーティー婚を挙げるカップルも多いです。むしろ、結婚式プロデュース会社が増えていて従来の結婚式スタイルを取らずに自分たちだけのオリジナル結婚式を挙げるカップルも増えています。その背景を踏まえると会費制のパーティー婚で格安結婚式を挙げるのはひとつの選択肢としておすすめできます。参加するゲストもアットホームなお祝いができる上に会費制なので大きな出費を強いられないメリットがあります。

ナシ婚ってどうなの?

挙式も披露宴も実施しないナシ婚を選択するカップルも増加傾向にあると言われています。収入が厳しい、結婚式費用を貯蓄していない、家庭環境が複雑で結婚式を挙げるのが難しい、おめでた婚で妊娠していて結婚式を挙げるのが許されなかった、マタニティウエディングをやりたくなかったなどの理由でナシ婚を選択するカップルがいます。ナシ婚を選択したけど後悔して結婚式を結婚10年目で挙げる夫婦もいます。透き通るデコルテに映える純白のウエディングドレスを自分が満足するスタイルで着れる期間は短いです。ナシ婚を選択したけど後悔するカップルが多いのも事実です。挙式のみ婚やフォトウエディングのみでも良いので純白のウエディングドレスを着た自分を映像と写真に残しておきましょう!

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。安い結婚式を挙げる方法を紹介しました。格安結婚式を挙げるメリットはたくさんあります。両家の両親と2人が納得するなら、挙式のみの格安結婚式、挙式を行わずに大切な人だけを集めてパーティー婚を開催する、行きつけのアットホームなレストランの店長に相談して温もりあふれるレストランウエディングを格安で挙げるのもおすすめです。2人の人生の新たな門出です。お互いに満足する結婚式の形を追求して妥協がないように進めましょう! 結婚式は人生で一度しかない女性にとっての一大イベントです。ここで紹介した情報が参考になれば幸いです。まずは、ハナユメでいくつかのブライダルフェアを予約してみてはいかがでしょうか!

まずはブライダルフェアを無料予約