結婚式場の見学で必ずチェックすべき5つのポイント

披露宴

結婚式場探しは、まず結婚式場予約サイトで気になる式場を選び、会場見学やブライダルフェアを予約することから始まります。2、3件ほど会場を回って比較検討することが大切です。では、結婚式場を見学する時に何をチェックしてどこを比較すれば良いのでしょう。初めて式場を探す方は、どこを見れば良いのか分からないと思います。そこでここでは結婚式場の見学で必ずチェックすべきポイントを5つ紹介します。

見学前に確認しておくべきポイント

まず結婚式の見学やブライダルフェアに参加する前に確認しておくべきポイントは結婚式予算、会場のエリア選定、招待人数、日取り、結婚式場選びで重要視する点などです。結婚式予算と会場のエリア選定については式場見学のポイントは結婚式予算と会場のエリア選定の記事で詳しく紹介していますのでご確認ください。招待人数や日取りについても予算やエリアなどと同様に相談会の時に必ず聞かれることです。参加時点で人数が確定していなくても“70人から90人くらい”のような曖昧な数でいいので決めておきましょう。また日取りも確定していなくても“11月頃に挙げたい”“大安の土日に挙げたい”などいつ頃にしたいのか大体決めておくといいでしょう。

結婚式場でチェックすべきポイント

OKサインの女性

見学前には結婚式の内容を大体決めておくことが大切ですが、結婚式場の見学やブライダルフェアでは会場自体のチェックや各結婚式場の決まりを確認することが大切です。特に重要な5つのポイントを挙げていますが、これらのポイントをチェックするだけでは良い結婚式場に巡り合うことはできません。1会場だけでなく複数会場で比較してどの結婚式場が最もベストなのかを決めるようにしましょう。

挙式会場と挙式タイプ

まず挙式会場と挙式タイプをチェックしましょう。挙式会場は独立型チャペルなのか、館内にあるチャペルなのか、音響や映像の演出があるのか、オルガンや聖歌隊の演奏はあるのかなどもチェックしましょう。また、挙式タイプはチャペル式、教会式、ガーデン、人前式、神前式のどのタイプで挙げられるのかもチェックしましょう。

披露宴会場の大きさ・間取り

披露宴会場の大きさや間取りもしっかり確認しましょう。大抵の結婚式場は3、4箇所のパーティー会場が用意されておりそれぞれテイストや収容人数が異なります。事前に雰囲気をネットでチェックしておき、気になる会場を確認するといいでしょう。また、そのときに会場の大きさや収容人数、間取りをチェックすることが大切です。例えば縦長の会場だったら新郎新婦のメインテーブルから親族テーブルまでかなり遠くなり顔が見えなかったり柱があってゲストの顔が見えなかったりします。また、二人の思い出ムービなどを流す場合はスクリーンの場所によってはゲストから見にくい位置にあったりするので事前に確認しておくといいです。

交通アクセスのしやすさ

結婚式場までの交通アクセスについてもチェックしておきましょう。駅から直結の結婚式場であれば心配はほとんどありませんが、駅から徒歩10分や15分ほどかかる結婚式場はキレイにヘアメイク・メイクアップしたゲストにとって“ちょっと遠い”と感じてしまいます。また駅から結婚式場までに坂道があったり行き方が分かりにくい場所にあるとゲストがたどり着けないこともあるのでチェックしておきましょう。特に高齢者の方を呼ぶ場合はできるだけ駅からのアクセスのいい場所を選んだほうがいいです。もしくは、駅からの送迎バスやタクシーのサービスがある会場を選んだほうがいいので、送迎サービスがあるかどうかも確認するといいでしょう。

持ち込み可能か

ウェディングドレスやタキシードの衣裳の持ち込みができるのかも確認しましょう。新郎新婦の衣裳を式場でレンタルすれば結構な値段になるため、費用を抑えたい方は持ち込み可能かを必ずチェックすることが大切です。また、持ち込み可能であっても持ち込み料として数万円かかる場合もあるので価格も同時に確認しましょう。衣裳以外にも、ペーパーアイテムや引き出物、スナップ写真の撮影、動画撮影、メイクアップスタイリストなどの持ち込みが可能かも確認しましょう。持ち込みの可否で結婚式費用がかなり違ってきます。出来るだけ安く式を挙げたいのなら持ち込みについては必ず確認してくださいね。

希望日の予約状況

希望日の予約状況は必ずチェックしましょう。人気の結婚式場の場合1年や1年半先まで予約が埋まっていることもありえます。もし気に入ったとしても希望日がすでに予約いっぱいだと結婚式を挙げることはできません。そのため会場見学やブライダルフェアの時点で必ず予約状況を確認して、場合によっては仮予約をするのをおすすめします。ただし、仮予約をする場合は申込代として5万円から20万円ほど支払うことになります。各式場によって決められた期限日を過ぎたらその申込代は戻ってきません。むやみに仮予約をするのは良くありませんが本当に気に入った結婚式場なら先行投資として仮予約すると安心です。

記事始めの目次に戻る

結婚式場の比較で工夫するポイント

結婚式場の見学を複数件回る時、それぞれの会場について比較することが大切です。比較しやすくするために工夫するポイントは2つ。1つは写真を撮ることです。一眼レフなどの本格的なカメラでなくてもスマートフォンなどのカメラでOKなので各会場の写真を撮っておくと思い出しやすく比較検討しやすいです。2つめは各結婚式場で見積りを出してもらうことです。結婚式場の見学やブライダルフェアに参加したら、自分たちの理想をすべて盛り込んだバージョンで見積もりを出してもらいましょう。その見積書を見れば費用面からも比較検討することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は結婚式場の見学で必ずチェックすべき5つのポイントを紹介しました。せっかくわざわざ時間を割いて結婚式場を回るのだからチェックすべきポイントを必ず確認して、後悔のないベストな結婚式場を選びましょう!ハナユメなら関東・関西・東海・九州を中心に全国の結婚式場の会場見学やブライダルフェアの予約ができます。ネットで簡単に予約ができ、参加件数によって商品券がもらえるキャンペーンも実施しています。結婚式場の見学やブライダルフェアの予約をするならハナユメがおすすめです♪

まずはブライダルフェアを無料予約

ブライダルフェア予約サイトの商品券キャンペーン比較!
結婚式場見学を申し込むためのもっともメジャーな手段であるブライダルフェア。結婚式場見学の検索予約サイトでブライダルフェアを申し込むとJCB商...