式場見学のポイントは結婚式予算と会場のエリア選定

手と閃き

彼氏からプロポーズを受けて両家の両親への挨拶が終わったら結婚準備が始まります。まず最初にやるべきことは、結婚式場見学です。各式場の見学・下見をするには、結婚式場が結婚を検討しているカップル向けに開催しているブライダルフェアに参加する方法が一般的となっています。ハナユメやマイナビウエディングなどが運営しているブライダルフェア予約検索サイトから申込できます。今回は、ブライダルフェアに参加して式場見学する時のポイントを紹介します。式場見学のポイントは予算と会場のエリア選定が重要です!

式場見学のポイント

式場見学のポイントで重視すべきポイントはたくさんあります。しかし、ブライダルフェアでいくつかの式場を見学した時に気づくカップルが多いのですが、事前に予算と会場のエリア選定をしておくことが重要となります。ほとんど全ての会場で予算、参加人数、希望するエリア、両親の挨拶が済んでいるか?を確認されますよ!

結婚式予算

結婚式予算を事前に彼氏と相談して意見を合わせておきましょう。結婚式場見学のタイミングで確実に予算を式場のプランナーから確認されます。えっでも、結婚式場を見学しないと結婚式にかかる費用が分からない……と感じる方も多いと思います。細かい千円単位の金額で結婚式予算を算出する方法はありません。大まかな目安で問題ありません! 一般的に結婚式費用は1人の参加者に対して5万円の費用がかかります。例えば、新郎新婦で合計100名招待するなら500万円です。エリアや式場タイプによって金額が変わります。参加人数を大まかな目安で確定させることで結婚式予算の目安を出すことができます。これが結婚式予算を決める時の考え方です。式場見学のポイントの1つ目は結婚式予算です。

ちなみに100名招待したら500万円の結婚式費用ですが、ご祝儀があるので大体100万円から200万円の持ち出し出費となります。500万円の結婚式費用がかかるから500万円の出費があるわけではないのでご安心ください。

会場のエリア選定

会場のエリア選定はとても重要です。結婚式費用はエリアごとに大きな差異はありませんが、参加するゲストの利便性が関係してくるので会場のエリア選定は重要です。例えば、二人とも東京に住んでいて東京の友人が多いなら東京で結婚式を挙げるべきです。親族ゲストは東京に不慣れな方が多いなら、新幹線・飛行機から簡単に移動できる東京駅・皇居周辺エリア、品川・浜松町エリアの会場が適していると言えます。逆に2人とも東京近郊が実家で住んでいるのも山手線周辺だったら、銀座・赤坂・六本木・麻布・青山・原宿・渋谷・表参道・恵比寿・代官山などの利便性が高いエリアの会場もおすすめと言えます。

お台場・豊洲・竹芝・晴海周辺の東京ベイエリア、スカイツリー周辺の会場、ディズニーランドウエディングなどが理想の結婚式と考えるなら、これらの会場も式場見学のポイントと言えます。

あまり深く考えずにブライダルフェアに参加するのも良いですが、いくら会場が気に入ってもエリアや駅からの立地に難があると二度手間となります。式場見学のポイントの2つ目は会場のエリア選定です。

結婚式予算が変動しやすいポイントは披露宴

式場見学をする前に理解しておきたいのが結婚式予算が変動するポイントです。結婚式予算が変動しやすいポイントは、披露宴です。披露宴では婚礼料理が振る舞われますよね。結婚式予算の中で多くのウェイトを占めるのは披露宴料理です。最低1人あたり1万円からとなっており、平均的なゲストの披露宴料理は1人あたり1万5千円前後となっています。かなり奮発した料理で2万円から3万円となっています。招待するゲストの人数で大きく変動します。また、ウエディングドレスのお色直し回数やカラードレスのデザインでも費用は変わってきます。ホテルウエディングでデザイナーズドレスを持ち込む場合は、持ち込み料金が発生する場合が多いので料金が変わりやすいです。披露宴の演出も変わってきます。スタッフのサポートが必要な演出や当日の挙式の様子などをDVDにして披露宴の最後に映像で流すような演出も20万円程度費用が上がります。ウェディングケーキの大きさや内容、デザートブッフェの有無、キャンドルサービスの内容などでも料金は大きく変わってきます。

プロカメラマンを手配して当日の挙式と披露宴の様子を静止画に残すのも別途出張料金や一日の撮影料金が発生します。

挙式は、会場費用や演出が固定されやすいので費用が変動することはありません。挙式の後にゲストと全員で写真撮影をしたり、フラワーシャワー、バルーンなどの演出をすると結婚式費用がアップします。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。式場見学のポイントを紹介しました。式場見学のポイントは結婚式予算を事前に決めること、そして参加するゲストの交通状況や住んでいるエリアを加味した上での結婚式エリアの選定が重要です。ここで紹介した式場見学のポイントを踏まえてブライダルフェアに参加してみてください!