少人数結婚式の費用相場とメリットデメリット

少人数結婚式の費用相場とメリットデメリット

少人数結婚式の費用相場とメリットデメリットを紹介します。挙式と食事会のみを選択するカップルや持ち出し費用ゼロ円の格安結婚式を検討するカップルも増えています。少人数結婚式は盛大な結婚式を挙げたくないと考えるカップル、海外挙式で国内に帰ってきた後に会費制で少人数の友人を招待して開催するカジュアルウェディングの利用方法で開催するカップルも増えています。

少人数結婚式の種類

少人数結婚式は大きく分けて下記の種類に分類できます。

  • 家族ウェディング……家族と親族のみを招待して挙式と食事会のみを開催。
  • 会費制結婚式……海外挙式を行ったカップルが友人や知人を招待して開催するお披露目パーティー。
  • レストランウェディング……チャペル付きのレストランで挙式とアットホームなカジュアル披露宴を行うスタイル

少人数結婚式を開催するとなると挙式のみを行うケース、挙式は行わずにラフな立食パーティーを行う、チャペル付きレストランで結婚式を挙げるなどのタイプがあります。どれも少人数に対応できます。50名以上の参加人数だったら専門式場やホテルウェディングを選択すると良いでしょう。

80名ぐらいの参加人数でも収容できる会場を持つレストランも存在します。

家族挙式の費用相場

家族挙式は、ベストブライダルが運営する「家族挙式」、得ナビウェディングが「挙式のみ家族婚」などといった形でサービスを提供しています。挙式のみを家族だけで開催するなら10万円以下の費用で挙式を挙げられます。食事会と挙式で家族のみだったら30万円以下で挙げることも可能です。また、親族も招待すると人数次第ですが、50万円以下で家族婚ができます。色々な事情で家族挙式を選択するカップルが増えています。さらに今だとふたりだけの結婚式を選択してふたりだけで結婚式を挙げるカップルもいます。

披露宴のみの会費制結婚式の費用相場

格式高い会場で実施せずに披露宴と2次会の中間に位置する硬すぎずくだけすぎないウェディングパーティーを開催したいなら会費制結婚式がおすすめです。ご祝儀を受け取らずに会費のみ支払ってもらうスタイルと会費制にせずご祝儀を受け取る、2つのパターンで会費制結婚式を開催します。カジュアルウェディングやウェディングパーティーと呼ぶプランナーもいます。

レストランウェディングの費用相場

50名程度の参加人数ならチャペル付きのレストランウェディングを選べば、挙式からアットホームな披露宴をセットで挙げられます。レストランウェディングは、専門式場やホテルウェディングと比較すると自由度の高さがもっとも大きな特徴と言えます。持ち込み費用がかからずに結婚費用を抑えたウェディングを実現することもできます。また、ゲストと新郎新婦の距離が近くなる上に本格的な披露宴料理を熱々でゲストが楽しむことができる点もレストランウェディングがおすすめな理由です。50名だったら費用を抑えて150万円以下で結婚式を挙げることも可能となっています。ホテルや専門式場の費用から3割ぐらい安く挙げることもできます。

少人数結婚式のメリット

費用を抑えた結婚式ができる

費用を抑えた結婚式を挙げることができます。コストを抑えることで新婚旅行や新居への引っ越し、家具家財の購入費用にあてることができます。結婚式費用は若い世代の大きな出費のひとつです。結婚したら妊娠・出産・育児と出費が重なるライフイベントがたくさん待っています。だからこそ、結婚式費用を抑えるに越したことはありません。

結婚準備が簡単になる

挙式のみの結婚式を選択すれば圧倒的に結婚準備が簡単になります。また、少人数の結婚式を挙げた場合でも考えることが少なくなるので手間が減ります。50名の結婚式と150名の結婚式を比較すると考慮しなければいけないことがたくさん増えます。

記事始めの目次に戻る

少人数結婚式のデメリット

招待できる人が限られてしまう

家族のみの結婚式を挙げると友人や知人を招待できなくなってしまいます。割り切って会費制結婚式という形でウェディングパーティーだけに招待するのもひとつの手段と言えます。たくさんの友人にお祝いされたいというニーズを持つカップルにはおすすめできません。

少し寂しい結婚式になる

ドラマや映画で見るような盛大な結婚式を挙げるには大勢のゲストが必要です。少人数結婚式だと少し寂しい結婚式になってしまいます。デメリットとは言えませんが、ポカポカに晴れた天気の良い日にたくさんの友人に囲まれながら挙げる結婚式を夢見るなら少人数結婚式はおすすめできません。

まとめ

いかがだったでしょうか。少人数結婚式の費用相場とメリットデメリットを紹介しました。ここで紹介した情報を参考に結婚式のスタイルを決めてみてはいかがでしょうか。また、当サイトでおすすめしているブライダルフェア予約サイトのマイナビウエディングで結婚式場を探しましょう!まずは公式サイトでお得な商品券キャンペーンに申し込んだ後にブライダルフェアの予約を!

まずはブライダルフェアを無料予約