結婚式の持ち込みアイテム交渉に関する口コミQ&A

男性の手と閃き

結婚式で自分たちだけの世界にひとつだけのオリジナルウェディングを挙げるカップルは増加傾向にあります。従来の挙式と盛大な披露宴を挙げる人の方が多いですが、コンセプトウェディングやカジュアルウェディングを挙げる人も増えています。また、海外挙式が終わった後にお披露目パーティーとしてウェディングパーティーを会費制で開催するカップルも増えています。このような時に活用するのがレストランウェディングです。持ち込み費用が発生する可能性が高いホテルや専門式場と比較すると持ち込み料が発生せずに自由度が高い結婚式を開催できます。そこで今回は、結婚式の持ち込みアイテム交渉に関する口コミQ&Aを紹介します。

結婚式費用を左右する持ち込み交渉

結婚式費用を抑えるには自分たちの手作りアイテムやウェディングドレスなどの持ち込みをすることで費用を抑えることができます。しかし、ホテルや専門式場では持ち込み不可にしている会場も多く存在しています。また、持ち込み可能でもウェディングドレスの持ち込み費用に5万円、保管期間が長ければ長いほど保管費用もかさみます。手作りブーケの持ち込み、ウェディングドレスの持ち込み、カメラマンを自分たちで手配、これらの手配を自分たちでするだけでも50万円程度の結婚式費用を下げることも可能となります。特にウェディングドレスは平均で20万円前後となっているので費用を抑えることができます。

レストランウェディングなどは持ち込み費用無料で節約した結婚式を開催する交渉も可能となっています。ブライダルフェアに参加する前に持ち込みリストを整理してどこまで自分たちが持ち込みたいかを明確にしておくと良いでしょう。

持ち込み費用が発生する理由

結婚式場側は持ち込まれたアイテムが紛失しないように細心の注意を払って保管しなければいけません。また、自社で手配したウェディングアイテムと混同しないように注意する必要もあります。場合によっては専属スタッフが持ち込んだアイテムを管理する必要も出てきます。式場側も持ち込まれたアイテムを管理する責任が発生します。持ち込み費用が発生する理由は、管理コストや保管コストといった経費がかかることが関係しています。

持ち込みアイテム交渉に関する口コミQ&A

持ち込みアイテムの費用を交渉できるの?

持ち込みアイテムの費用を交渉することは可能です。ただし、従来設定されている持ち込み費用をゼロにする交渉は難しいです。例えば、披露宴料理にデザートビュッフェをつけることを条件にウェディングドレスの持ち込み費用を割引してもらうなどの交渉がおすすめです。結婚式場側も持ち込まれることで結婚式の売上が減少してしまいます。互いに納得感がある提案をしましょう。

ウェディングケーキは外部から持ち込み可能?

ホテル、専門式場、レストラン全てに共通していますが、ウェディングケーキを外部で作ってもらって持ち込むことは不可能です。なぜなら、結婚式場側も何らかの食事を提供します。食中毒が起きればどの料理が原因で食中毒が発生したかを確認する必要があります。外部からウェディングケーキを持ち込むと責任の所在が明確にならなくなってしまいます。なお、ウェディングケーキに関わらず生ものや料理関連の持ち込みは不可能となります。

新しい電報の形であるDECOチョコ電報、マシュマロ電報などの新郎新婦に電報メッセージと一緒に食べられるギフトを送るのは可能です。

持ち込むことで費用が安くならないケースもある?

人生でお金も大事ですが、時間という概念も重要です。夫婦共働きでハイキャリアで細々とした家事だったら家事代行で外注した方が安上がりになるレベルの年収を確保しているカップルがいるとしたら、持ち込むことで時間と手間がかかります。ゆえに時間的コストという観点で費用が高くなるケースもあります。

ウェディングドレスを買うならレンタルのほうが安い

ウェディングドレスは一生に一回しか着ない特別な衣装です。思い切って特注リジナルデザインのウェディングドレスを購入する人もいますが、トータルで考えると会場提携のドレス会社でレンタルした方が圧倒的に安く済みます。もし持ち込みウェディングドレスと会場提携のウェディングドレスを比較している場合は、持ち込み料負担サービスを行ってくれるレンタルショップもあります。ウェディングドレスを買わずに既に持っているなら持ち込んだほうが安く済みます。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。結婚式の持ち込みアイテム交渉に関する口コミQ&Aを紹介しました。持ち込みアイテム不可としている式場も増え始めています。それらの要因が関係あるかも知れませんが、持ち込み自由なケースが多いレストランウェディングでカジュアルウェディングを挙げるカップルも増え始めています。まずはお得な特典がもらえるキャンペーンを開催しているブライダルフェア予約サイトから申し込んでみてください。下記の記事で各社のキャンペーンを比較しています。

ブライダルフェア予約サイトの商品券キャンペーン比較!
結婚式場見学を申し込むためのもっともメジャーな手段であるブライダルフェア。結婚式場見学の検索予約サイトでブライダルフェアを申し込むとJCB商...