ウェディングパーティーのメリットデメリットと口コミQ&A

結婚式の新郎新婦

ウェディングパーティーのメリットデメリットと口コミQ&Aを紹介します。ウェディングパーティーは親族とは別に友人・知人を招待して披露宴のみを開催するカジュアルなパーティー形式で行われるのが一般的となります。会場を貸し切って会費制スタイルの結婚式を挙げることも可能です。ウェディングパーティーの良い点悪い点をしっかり理解した上で検討しましょう!

ウェディングパーティーのメリット

ウェディングパーティーは、レストランを貸し切ってカジュアルな披露宴を行います。披露宴ほどガチガチに決めたタイムテーブルで行うケースは少ないです。

海外挙式のお披露目パーティーで使える

海外挙式やリゾートウェディングに憧れるカップルは多いです。海外挙式を行うと友人を招待するのは現実的に不可能になってしまうので、家族のみ(親族と親友を招待するケースも)で海外挙式を挙げるのが一般的と言えます。海外挙式を挙げる多くのカップルは、帰国後に披露宴のみ開催して大切な友人を招待します。その時に活用できる会費制のウェディングパーティーです。ご祝儀を貰わずに友人知人を招待して会費のみを支払ってもらうパターンです。このような使い方をする方に大きなメリットと言えます。

カジュアルでアットホームなパーティーができる

カジュアルでアットホームな雰囲気が溢れていますが、二次会ほどくだけた感じで行わないので新郎新婦もゲストも楽しむことができます。レストランウェディングに共通していますが、ゲストと新郎新婦の距離が近いのが互いに嬉しいメリットです。着席スタイルを辞めてしまえば自由なコミュニケーションが取れます!

自由度が高い披露宴が行える

1.5次会にあたるウェディングパーティーは、立食スタイルにするだけでかなり自由度高く開催することができます。また、会費制・ご祝儀制なども選べる上にゲストの都合や新郎新婦の都合を考慮して日程を決めることができます。結婚式ほど日取りを抑えづらくないのも大きな特徴と言えます。

ウェディングパーティーはやり方次第で費用を抑えることができます。開催方法や費用を落とすテクニックを使って自分だけのパーティープランを設計するのも柔軟にできます。

ウェディングパーティーのデメリット

ウェディングパーティーに慣れていないゲストも多い

ウェディングパーティーに慣れていないゲストも多いです。高齢の親族関係のゲストは当然のことながら、若い人でもパーティーが苦手な人だったら戸惑ってしまい十分に楽しむことができなくなるケースがあります。従来の着席スタイルの披露宴だったら多くのゲストが慣れているので安心して参加することができますが、ウェディングパーティーだと足が遠のいてしまうデメリットがあります。

ゲストが服装選びに苦戦する

ウェディングパーティーはカジュアルとフォーマルの中間の服装を心がけておけば問題ありません。しかし、服装のカジュアルさは人によって感覚がズレやすい点です。ゲストが服装選びに苦戦してしまうデメリットがあります。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。ウェディングパーティーのメリットデメリットと口コミQ&Aを紹介しました。理想の結婚式のスタイルは人によって異なります。1.5次会にあたるウェディングパーティーは海外挙式を挙げたカップルが帰国後に友人を招待するお披露目パーティーとしても活用されます。また、親族と友人の披露宴を分けるケースでもカジュアルに利用されます。あなたの結婚式に決まった形はありません。理想の結婚式を挙げましょう! まずは豪華商品券がもらえるお得なキャンペーンでブライダルフェアを予約してみてください!

ブライダルフェア予約サイトの商品券キャンペーン比較!
結婚式場見学を申し込むためのもっともメジャーな手段であるブライダルフェア。結婚式場見学の検索予約サイトでブライダルフェアを申し込むとJCB商...