お急ぎ婚が叶う!最短で結婚式を挙げる方法とよくある口コミQ&A

結婚式のイラスト

お急ぎで結婚式を挙げるための方法やコツを知っておくと、効率よく準備をすることができます。最短で結婚式を挙げるためには、お急ぎ婚プランを活用することと両親に手伝ってもらうことが大切です。通常よりもタイトなスケジュールで結婚式を迎えるので、精神的な負担を減らしスムーズに準備するように心がけましょう。そこで今回はお急ぎ婚が叶う!最短で結婚式を挙げる方法とよくある口コミQ&Aを紹介します。

お急ぎ婚とは

お急ぎ婚は、結婚式準備にかかる期間は通常1年とされていますが6ヶ月以内・3ヶ月以内など通常よりも急いで挙げる結婚式のことをいいます。「赤ちゃんができた」「急に仕事で海外転勤が決まった」など理由は様々ですが、いずれにしても結婚式の予定を前倒しにして最短スケジュールで進める必要があります。そのため、精神的な負担や準備が大変そうだとマイナスイメージを持つ人もいるかもしれませんが問題ありません。お急ぎ婚でもホテルウエディングやゲストハウスウエディングなど通常の結婚式と変わらずに式を挙げることができます。最短で結婚式を挙げる方法・コツを理解して、最高の結婚式を挙げましょう♪

結婚式の最短準備期間

最短1週間の準備期間で結婚式を挙げられる式場があります。両家の両親だけ、両親と親友数人だけなど招待人数を限定して、挙式内容や披露宴内容など特別な演出なくシンプルに結婚式を挙げれば、準備期間が短くても結婚式を挙げることが可能です。ただ、1週間はほとんどの結婚式場で対応できないので1ヶ月〜3ヶ月くらいがお急ぎ婚のベストな期間と考えておきましょう。

お急ぎ婚のために準備すべき3つのこと

両親に結婚報告する

お急ぎ婚のためにまず最初にすべきことは、両家の両親に結婚報告することです。二人の結婚が決まった段階ですぐに両親のところへ会いに行き、2人の決意を両親へ伝えましょう。両親への挨拶が早ければ早いほど効率よく準備を進めることができます。また、結婚報告後は通常両家の顔合わせや結納が行われますが、そのような場を設ける時間はあまりないと考えておきましょう。レストランなどカジュアルな場で交流できる食事会を開催して手軽に行うのがおすすめです。

挙式のスケジュールを決める

次にお急ぎ婚のために準備すべきことは挙式日のスケジュール決めです。いつまでに結婚式を挙げる必要があるのか、タイムリミットはいつなのかを判断して挙式日を決めます。挙式日が決まったら逆算してスケジュールを立てます。挙式内容の決定、予算や招待人数などの決定、結婚式場の決定、結婚指輪の購入や勤務先・友人への結婚報告、ドレスのレンタル、招待状作成など結婚式準備の段取りをスケジュールに落とし込んでいきましょう。

お急ぎ婚プランを探す

挙式までのスケジュールが決まったら、お急ぎ婚プランを探しましょう。お急ぎ婚プランは多くの結婚式場で特別プランとして用意しています。ハナユメなど結婚式場予約検索サイトではお急ぎ婚のための特設コーナーがあり、探しやすくなっています。自分たちのスケジュールに合ったプランを探し、結婚式場を決めるとスムーズです。

お急ぎ婚プランを準備している式場は多く、ホテルやゲストハウス、レストランなどさまざまです。そのためお急ぎ婚だからといって諦めるのではなく、気に入った結婚式場を探し、自分に合ったウエディングを見つけましょう。

記事始めの目次に戻る

最短で結婚式を挙げる方法

最短で結婚式を挙げる方法は、お急ぎ婚プランを活用することです。お急ぎ婚プランは急いで結婚式を挙げるカップル向けに用意された特別なプランなので、タイトなスケジュールでも対応できる内容になっています。そのため打ち合わせやドレス選び、引き出物選び、最終リハーサルなどの段取りがある程度決まっており、効率よくスムーズに進められます。また、お急ぎ婚プランを用意している結婚式場は、1〜3ヶ月後の結婚式でも柔軟に対応してくれる式場なので、会場スタッフの気配りやフォローもしっかりしていて安心して契約することができます。
さらに、お急ぎ婚プランを活用すると通常価格よりも数十万円〜数百万円ほど安く結婚式を挙げられたり特典としてホテルの宿泊チケットや食事券などがもらえたり、いつもよりもお得に結婚式を挙げられます。

お急ぎ婚プランのない結婚式場はお急ぎ婚に対応していない可能性があるので、チェックする必要はありません。効率よく探すためには、お急ぎ婚プランを準備している結婚式場を選ぶことが大切です。

ハナユメならスピード婚、お急ぎ婚、マタニティー婚にも対応できるような式場とプランが揃っています。まずはハナユメの公式サイトをチェック!

まずはブライダルフェアを無料予約

お急ぎ婚を挙げるコツ

ゲストは少人数にする

お急ぎ婚を挙げるためには、招待人数を限定しましょう。両家の両親と親戚だけ、親族と一部の親しい友人だけにするなど人数が少なければ少ないほど、準備にかかる時間は少なくて済みます。引き出物の準備、ホテルの確保、招待状の作成・発送、席次表の作成など人数が多いと時間がかかるものでも親しい友人・親族だけの少人数ウエディングであれば、あまり負担はかかりません。

両親に手伝ってもらう

お急ぎ婚は通常よりもタイトにスケジュールが進むため精神的にも身体的にも負担が大きくなります。共働きのカップル・夫婦であれば平日は仕事で忙しくなかなか結婚式場探しが進まなかったり思うように準備ができなくなることもあります。体調が優れなくて準備が進まなくなることも。そんなときは2人で抱え込むのではなく、両親に手伝ってもらうとよいでしょう。両親ならきっと快く手伝ってくれますし先輩としてアドバイスやアイデアを出してくれる可能性も高いです。一番身近にいる両親を頼るとスムーズに準備が進むのでおすすめです。

記事始めの目次に戻る

お急ぎ婚のよくある口コミQ&A

お急ぎ婚プランはどのようなものがありますか?

お急ぎ婚プランにはいくつかのスタイルがあります。

  • マタニティー婚・おめでた婚
  • パパママ婚
  • 両親のみの少人数婚
  • 挙式のみの挙式婚

お急ぎ婚プランの中でもマタニティー婚やおめでた婚のプラン特別。妊婦さん専用の婚礼料理やウェディングドレスを特別に用意してくれたり妊婦さんの体調に合わせたスケジュールに調整してくれたり負担にならないように細心の注意を払ってくれたりと特別なサービスを提供してくれます。結婚式場によっては新婦の体調に合わせて打ち合わせ回数を減らしたり日程変更を無料で対応していたり手厚いサポートを用意しているプランもあります。そのためお急ぎ婚プランでも体調が変動しやすくスケジュール変更の可能性があるマタニティー婚(おめでた婚)に対応したプランを選択するとベストです。
両親のみの少人数婚のプランは両家の両親のみを招いた身内だけの結婚式プランです。身内のみなので準備期間を短縮することができ、通常よりも安く結婚式を挙げることができます。

お急ぎ婚のメリットは?

お急ぎ婚のメリットは、結婚式をすぐに挙げられることと特別割引や特典でお得になることです。通常結婚式の準備は1年〜半年ほどの長期戦になるため途中で面倒くさくなって後回しになったり揉めたりすることも少なくありません。しかしお急ぎ婚はすぐ目の前に挙式日が迫っているので短期集中型で取り組むことができます。結婚式をすぐに挙げることによってスムーズに準備が進み円満に当日を迎えることができます。
また、基本的にお急ぎ婚はキャンセルや平日などの理由で空きがある日程に当てはめるため、通常価格よりも安く利用することができます。

ハナユメなら6ヶ月以内の結婚式を挙げると最大100万円以上お得になります。それだけでなく、料理のランクがアップしたりドレス1着分無料になったりお急ぎ婚だけの特典が付いているのでかなりお得なプランとなっています。

まずはブライダルフェアを無料予約

お急ぎ婚のデメリット

お急ぎ婚のデメリットは、じっくり結婚式場を選べないことや結婚式準備に時間を掛けることができないことです。お急ぎ婚プランがある結婚式場は全国で多数存在するものの、通常の選択肢より少なくなります。新婦の体調も考えて家から近い式場にしたり地元の結婚式場にしたりと選ぶエリアが限定されることもあります。また、短期間で準備する必要があるためちょっとした演出や細かな会場コーディネートにこだわることができなかったり披露宴で流す紹介ムービーを作成できなかったり時間的に手が回らなくなる場合も大いにあります。少人数ウェディングだと、時間的・経済的な制約により招待したかった友人や同僚、上司などを呼ばずに結婚式を挙げることになる場合も。そのため少し理想の結婚式と違う結婚式になる可能性もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はお急ぎ婚が叶う!最短で結婚式を挙げる方法とよくある口コミQ&Aを紹介しました。6ヶ月以内・3ヶ月以内の急いで結婚式を挙げる場合は、お急ぎ婚プランを探して結婚式場を選択するようにしましょう。そして両親を頼って効率よく結婚式を迎えることが最大のコツです。ぜひ参考にしてくださいね。お急ぎ婚プランを探すならハナユメのサイトからチェックしてみてください!